学費支援 各種減免制度

遠方入学生特典制度(本校を専願で受験する方のみ)

自宅通学が極めて困難な入学希望者を対象とした、寮費に関する特典制度です。

特典内容および認定人数

特典内容 認定人数

学園寮の寮費を卒業まで全額免除
入寮費、食費、水道光熱費、管理費、共益費は除く。

男女 計10名程度
人数は本校および姉妹校の合計人数

〈留意事項〉
原則、認定者は遠方入学生特典のみ有効となり、他の特典は無効となります。
入寮費(35,000円)、水道光熱費・管理費(年額60,000円)は、一括納入してください。
入寮後、寮規約に反する行為があった場合は、特典を打ち切ることがあります。
入寮費は返還しません。
各部屋のエアコン使用については、プリペードカード(4,000円/各自購入)が必要です。
共益費(生活消耗品の実費)として月々数百円を徴収します。
テレビ持込はNHKの受信料、自室でのインターネット利用はプロバイダへの接続料(月額3,200円~)が別途必要です。

申込資格

本制度の健全な運営と秩序を維持するために、下記の条件をすべて満たしている方が対象となります。

将来、希望分野への就職を実現したいという確かな目標を持っている方
自宅通学が極めて困難で、学園寮(男女、いずれの寮も可)の入寮を希望する方
原則、高等学校等を2021年3月卒業見込で、調査書の評定平均が5段階評価で3.0以上の方
第一次(推薦入学またはAOエントリー)に出願し、合格した場合に入学・入寮を確約することができる方
各種学校行事・広報活動等に積極的に参加・協力できる方

認定選考方法

面接試験またはAOエントリー個人面談 ※入学選考と特典認定選考とを兼ねます。
書類審査(成績・出席状況・担任所見等を総合的に審査)
自宅から本校までの距離および所要時間
申込者多数の場合、特に③の項目を優先的に考慮し決定。

申込方法

インターネット出願マイページ上で申込してください。

学費減免制度

授業料の減免特典

入学希望者の父母・兄弟姉妹が、上野学園各校のいずれかに在籍、又は卒業している場合(専修学校制度が制定された1976(昭和51)年4月以降の入学者で、夜間部生や聴講生、中退者は除く)は、初年度授業料第Ⅰ期より減免します。

減免額

50,000円

他の特典制度と重複した場合は、減免額の大きい方での採用となります。

永年受講無料制度

税理士マスターコース(3年制)は卒業後、税理士試験科目の授業について、受講料が全額免除で受講できます。

学校独自の学生表彰制度(入学後、在学生のみ対象)

広島会計学院ビジネス専門学校 特別奨学金制度

在学中に優秀な成績をおさめた学生の努力と成果に対して奨学金(返還義務なし)が付与されます。

資格・その他 奨学金額

税理士試験2科目同時合格
現役学生税理士5科目合格

50,000円
100,000円

全簿記電卓競技大会 全国優勝

50,000円

情報処理技術者(レベル4)試験合格
情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)試験合格

50,000円
50,000円

ただし、そのほか学費減免などの特典と重複する場合は対象となりません。

日本学生支援機構 奨学金制度

本校では、日本学生支援機構の奨学金制度を利用することができます。
入学前の予約採用にお申込みされることをお勧めします。(入学後の在学採用にお申込みすることもできます)
予約採用に関するお問合せは在学する高等学校等の奨学金担当窓口へ

貸与型
要返還
種類 自宅通学(月額) 自宅外通学(月額)

第一種奨学金

(無利子)

いずれか選択
20,000円・30,000円・40,000円
53,000円

いずれか選択
20,000円・30,000円・40,000円
50,000円・53,000円・60,000円

第二種奨学金

(有利子)

いずれか選択
20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・60,000円・70,000円
80,000円・90,000円・100,000円・110,000円・120,000円

<申込基準あり>
入学時特別 増額貸与

(有利子)

入学後、奨学金の初回振込時に一時金として貸与を受けることができる
(入学時特別増額貸与奨学金だけの申込はできません)
いずれか選択
100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円
給付型奨学金との併給 可
申込基準等は、日本学生支援機構HPにてご確認ください

https://www.jasso.go.jp/

貸与期間

採用時から在籍する学科の修学年限が終わるまで

審査基準

人物・学力・家計を日本学生支援機構の審査基準に基づいて審査し、決定・採用

返還期間

貸与終了後、約10〜20年の期間内で月賦返還、または、併用返還(貸与額により異なる)

高等教育の修学支援新制度

本校は、「高等教育の修学支援新制度」の対象校として認定されております。この制度は、授業料等減免と、給付型奨学金同時に支援されます。
※対象…住民税非課税世帯 及び それに準ずる世帯の方
(進学資金シミュレーターにて該当するかご確認のうえ、お申込みください)
高等学校等を卒業後2年以内に入学される方(その他の方は、文部科学省HPをご確認ください)

給付型 種類 奨学金制度 授業料等減免制度

給付奨学金

世帯所得
金額区分

給付月額

授業料等減免額

自宅通学者

自宅外通学者

入学金

授業料

第Ⅰ区分
(住民税非課税世帯)

38,300円

75,800円

120,000円

≪上限額≫
約590,000円

第Ⅱ区分

25,600円

50,600円

80,000円

上限額の2/3
約390,000円

第Ⅲ区分

12,800円

25,300円

40,000円

上限額の1/3
約190,000円

授業料等減免の対象は、入学金・授業料のみとなります。(諸費用、学園寮・学園マンション費用等は対象外)
給付型奨学金(高等学校等での予約採用)を申請中の方が、「予約採用候補者に決定」した場合、入学手続時に、入学金・授業料第Ⅰ期の納入は不要です。
ただし、入学後に正式な授業料等減免額を算出し、不足分がある場合は徴収します。( 金額・徴収時期等は、入学後に通知)
例) 第Ⅰ区分で決定…授業料76万円の内、約59万円が授業料等減免額となり、不足分の約17万円は入学後に徴収

入学選考における特待生採用等すでに授業料の免除がある場合、免除された金額に対して授業料等減免は支援されます。
遠方入学生特典制度に認定された入寮決定者は「自宅通学者」とみなされます。
(寮費免除となり、「自宅外通学」の定義・要件を満たさないため)

学力・家計基準に基づき、期中に支援区分の見直しが実施されます。

奨学金制度

学校法人上野学園独自の奨学金制度です。

対象学科・申込時期

全学科申込可 申込時期は本校入学後4月

貸与期間

採用時から在籍する学科の修学年限が終わる年の2月分まで

貸与月額

30,000円 (自宅外通学者は40,000円) ※無利息

審査・採用

人物・学力・家計を審査、書類選考し、適格度の高い順に採用

返還期間

貸与終了月の翌月から貸与月数の2倍に相当する期間内に月割返還